畠中登記測量事務所 | 日記 | 昨年保留になった現場がようやく動き出しました

境界の調査・測量、土地分筆、地図訂正、建物登記はお任せください。

Top >  日記 > 昨年保留になった現場がようやく動き出しました

畠中登記測量事務所 の日記

昨年保留になった現場がようやく動き出しました

2017.06.08

昨年筆界確認した現場ですが、一部分(100数㎡)隣地所有者にフェンス等で取り込まれていました。 隣地の筆界確認はすべて筆界確認の書類(測量図・写真添付)があり、明確になっています。  

立会は所有者本人でなく、会社の従業員らしき人物が来ましたが、詳細はわからない、ということでいったん保留に。
その後何回となく本人に立会の要請をしても全く埒が明かず、ずっと保留になったままでした。  

かれこれ作業を始めてから1年後にようやく動きが出てきました。その隣地所有者が経営している会社が倒産し、破産管財人と筆界確認および不法占有の件で協議することができたようです。
  

今度その取り込まれている土地の復元をする予定ですが、破産したのは気の毒な事と思いますが、これでようやくこの現場も決着できそうなのはありがたいことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調査士ブログランキングに参加しています。
バナーが貼れませんので、よろしければ下の「調査士ブログランキング」をクリックして応援してください。

調査士ブログランキング



日記一覧へ戻る

【PR】  感動の名前詩専門店 名詩屋(なうたや)  医学部受験専門予備校大阪 リニア  RIPPLE  完全予約制 CUT HOUSE 2000  永田コンタクトレンズ