畠中登記測量事務所 | 日記 | 調査士冥利の業務

境界の調査・測量、土地分筆、地図訂正、建物登記はお任せください。

Top >  日記 > 調査士冥利の業務

畠中登記測量事務所 の日記

調査士冥利の業務

2017.06.27

申請地内に隣地所有者が勝手にフェンスを作った現場で、先日そのフェンス越しにある3本の境界杭(すべてコンクリート杭)を土中の中から探し出したが、1本だけかなり斜めになっていました。

そのことを依頼人に報告したところ、隣地の測量図にはその杭と隣地内にある杭との点間距離があるので、それを検証して欲しいと言われました。

もちろん今度は隣地内に立ち入りするわけですので、隣地の管財人に承諾をもらって境界の探索を行いました。
その測量図には座標・辺長がありましたので、それらを使用し復元を行ないました。

大きな木の根元付近になり、いやな予感がよぎりましたが、スコップで掘ってみるとすぐに「コツン」と固いものに当たった感がありました。

もしやと思い、その周辺の土をどかすと、やはりコンクリート杭が出てきました。調査士冥利に尽きる業務だなと一人興奮してしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調査士ブログランキングに参加しています。
バナーが貼れませんので、よろしければ下の「調査士ブログランキング」をクリックして応援してください。

調査士ブログランキング


調査士冥利の業務

日記一覧へ戻る

【PR】  【印章/印刷】星光堂 本社  ヘアーサロン ラマーノ 亀田店  サイクルショップJOY 日之出店  神戸山手ロックセキュリティ  パソコン市場札幌琴似店